転職を滋賀でする時に知っておきたいこと

滋賀県は、京都や大阪まで電車で約40分前後と近い場所にあり、盛んに宅地開発が行われていることもあり地域のベッドタウンとして栄えており、近年人口も増加傾向となっています。県庁所在地の大津市には、約34万人が住んでいます。京都や大阪のベットタウンとなっている滋賀県には、稲作を代表としている農業、漁業、近江牛の生産を含めた第一次産業だけでなく、西日本の有数の工業県となっているので、機械工場の本社が多くあり転職にもおすすめとなっています。また2016年度の統計により滋賀県の年収は約491万円となっており、全国平均の約420万円よりも高い水準となっています。その理由としてリーマンショックの影響を受けていないことが挙げられており、手堅く安定した仕事が多いことが分かります。

転職を滋賀でする時に役立つ知識

滋賀県で転職するメリットは、多くあります。まず、大都市と比較して生活費が圧倒的に安いことです。大都市部から地方に転職した時に、生活費の安さに驚く方は多くいます。チェーン店などの価格は全国一律のため変わりませんが、食費や生活雑貨などのありとあらゆる面で生活費を安く抑えることができるのです。その中でも、家賃は圧倒的な安さとなっています。都心では単身用のワンルームマンションが月10万円以上もしますが、地方では同じ金額で3LDK、しかも駐車場付きという物件もあるのです。その他にも求人の種類が多い点があります。西日本有数の工業県であるため、機械メーカーが多く存在しており、近畿地方における中心都市として環境関連事業も多く発展しているため、多種多様な求人を見つけることができるのです。

転職を滋賀でするにはどうしすればよいか

良い所が多い滋賀県での転職ですが、実際に滋賀県で転職をするにはどうすれば良いのでしょうか。それにはちょっとしたコツがあるのです。まず転職する前には、何故今の会社を辞めるのか転職の理由をしっかりと整理する必要があります。これは転職時の面接でも必ず聞かれる項目であり、しっかりと整理することで頭の中がクリアになり、目的が明確になるというメリットもあります。次に徹底的に自己分析を行うことです。転職活動では経験とスキルが求められます。滋賀県で一体何をしたいのか、何ができるのかを過去、現在、未来の側面から自己分析して、会社へアピールすることが大切です。そして滋賀県で開催されている転職フェアに参加することも重要です。地元企業の話を聞くことで、滋賀県の風土や地域性を感じることができるので、実際に仕事を始めてから「こんなはずじゃなかった」という失敗を防ぐことができるのです。